私たちについて|福嶋医院

  • 医療法人 福嶋医院 TEL:0865-54-3177
  • 老人保健施設いるかの家リハビリテーションセンター TEL:0865-54-2001
  • 倉敷駅前診療所 TEL:086-441-7337
お問い合わせ
HOME > 私たちについて

ごあいさつ

福嶋いるかの家グループはノーマライゼーションの実現を目指しております。

 私たちが掲げている基本理念は「皆に優しく、共に楽しく」です。 お年寄りから子供たちまで、暮らす人全員が互いに優しく、心の底から楽しく生きられたらそれでいい。“ふつうの暮らし”こそ、かけがえのない素晴らしいもの。 これをもうすこし専門的な言い方にすると「ノーマライゼーション」という考えになります。これは北欧デンマークから世界に広がった考え方です。 障害を持つ人や高齢者を特別視せず、一般社会の中で普通の生活が送れるように「社会そのものが条件を整えていこう」という考えです。 ひとことで言うと、「共に生きる社会こそがノーマル、同じ環境の中で生きていくのが当たり前」という意味になります。私たちはこの素晴らしい輪を施設から、町全体へ、日本中へとつなげ、拡げていきたいと願っています。

理事長 福嶋 啓祐

福嶋いるかの家グループと地域の連携システム

※地域包括ケアシステムは、おおむね30分以内に必要なサービスが提供される日常生活域(具体的には中学校区)を単位として想定しています。
いたわりあって暮らす動物-いるか

理念

皆に優しく、共に優しく

 いるかはとても優しい動物です。いるかは集団で共にいたわり合いながら暮らすことで知られています。また最近の調査では、いるかが「ベビーシッターをする」という事実もわかっています。血がつながっていなくとも、他のいるかの子供をかわいがり、育てるというのです。集団で生き、助け合って暮らすことが人間の基本。この想いをいるかから託して、私たちは施設名を「いるかの家」としました。

法人概要

運営法人
医療法人 福嶋医院
所在地
〒714-0101 岡山県浅口市寄島町3072
電話番号
TEL 0865-54-3177 FAX 0865-54-3178
開設日
1998年 11月
理事長
福嶋 啓祐